スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月  1回目






お花:やはずススキ・七段花・野カンゾウ・琉球月見草(ピンク)・ドクダミ草(白)

お花入れ:有馬籠

利休百首より

茶の湯とは ただ湯をわかし茶をたてて
のむばかりなる事と知るべし

「茶は服のよきように点て、炭は湯のわくように置き、花は野の花のように
生け、夏は涼しく、冬は温かく、降らずとも傘の用意、相客に心せよ」これを和歌で要約したもの。

茶の湯とは湯を沸かして茶を点てて、飲むだけであるということであり、難しいことではないと言っているのです。

ただ、湯を沸かしお茶をもてなす当たり前のことの難しさを痛感しています。
そのようなことをこの道歌は伝えているのでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mana@mana

Author:mana@mana
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。