スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーズとワインを知る会(パラディソ)



yukimiちゃん、kiiちゃんとスリービーポッターズで待ち合わせ&ランチ
フランスで食べ損ねたガレットをどうしても食べたくて・・・
念願叶いました~(ノ*゜▽゜*)



お店を出たら、探していたALL LOVEの販売Carが停まってるぅ 
なんてラッキー 

火曜日・金曜日はスリービーポッターズの前
水曜日はPARADISO(パラディソ)の前で販売されてるそうです。




ミートパイとワッフルを買ったよ^^

それから、歩いてルプアンフロマジュリー

この日は、お天気が良くってすごく暖かい 

紫外線が強いので、キャディさんみたいな帽子をかぶって
てくてく歩いていきました。






6種類のチーズと4種のワインが出されました。

カプリッチョ
チーズの製造工程で最初の段階に出来た
熟成させていないチーズ(真ん中)
りんごのお酒(シードル)の産地

カマンベール・ドノルマンディ AOC
本家本元のノルマンディーがついたカマンベールは無殺菌乳から作られます。(右下方)

マロワル・ソルベAOC
塩水で何度も洗われる表皮は個性的な強い香りと粘り気を持ち
濃厚な深い味わいの生地は、塩味の後に続く甘味がいつまでも続きます。

表面のオレンジ色の部分は納豆菌のような菌が付いている。個人的にこれが一番好き


コンテ・ド・モンターニュ12+ AOC
スイスとの国境、フランシュ・コンテ地方の名産品
AOCの中でもダントツの生産量を誇ります。
作られる時期によって違った芳香を放ち、
12+とはゆっくりと1年以上熟成させたものを言います。
チョーク状にカットされている。グリーンベルトというシールが貼られていた


フルム・ダンベール AOC
羊乳で造られる〔ロックフォール〕と共に人気のブルーチーズ
中身はクリーミーで初心者から食べなれた人まで満足させてくれるブルー
ブルーチーズのイメージが一新されるようなそんな味です。
ソーテルヌと相性が良いらしい^^


マロット   ロドルフ・ル・ムニエ氏熟成
中央山塊南に位置するラルザック高原の小さな農家で造られたものを
熟成士ロドルフ氏のアトリエで熟成。
無殺菌羊乳のコクと甘味のバランスが秀逸。

もちろんこのチーズは東京のフェルミエで買ってこられたものです^^
ジロールというチーズを切る道具を使って花弁状にカットされてる(下方)



パルミモちゃん







看板も外観も店内もすべて可愛いお店でした^^
フランスのお家みたいです。

今回は、ワインとチーズの素晴らしいマリアージュを楽しみました。
生産者や熟成のお話など・・・
ワインと良く似ていると思いました。

丁度、マヴィ福岡もフェルミエさんのチーズを販売&提供する予定だそうなので
しっかり勉強したいと思っていたところでした。



〔ワイン〕

ピエール・グルベール
産地:ブルゴーニュ地方
品種:シャルドネ100%


ピエール・グルベール
産地:ブルゴーニュ地方
品種:ピノ・ノワール(100%)
ベリー系で渋くない、皮が薄くて作りにくい


シャトー・ラ・トネル
産地:ボルドーオーメドック地区
品種:カベルネソーヴィニョン70% メルロー24%
   プティヴェルド6%

ケヴェルツトラミネル・グランクリュ
産地:アルザス
品種:ケヴェルツトラミネール100%

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mana@mana

Author:mana@mana
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。