スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レニエ  ランボン家

今日は、タンドリーチキンとMavieランボンさんのレニエを合わせてみました。

ボジョレー地区ですが熟成させたワインです。
ヴィンテージは2006





タンドリーチキンに合わせるワイン・・・
考え考えましたが・・・
レニエに決めました。

この考えるときが楽しいんですよね~(*^o^*)



※以下はMavie HPより引用

熟成タイプのクリュワインです。赤い果実、フランボワーズの強い香りと柔らかい口当りが特徴で、フルーティでエレガントなワインに仕上がっています。造り手のやさしい人柄がにじみ出る逸品です。瓶詰め前の濾過をおこなっていません。

ボジョレー ヌーヴォーで有名なフランス、ボジョレー地区。しかし、ボジョレーにはヌーヴォー(新酒)ではない、熟成させたほうが美味しいワインもあります。

熟成タイプに向く、10の村のみで造られる「クリュ(特級)ボジョレー」は、北部に集中しています。
クリュ ボジョレーは、熟成タイプのボジョレーワインの中でもハイクラスなワインです。

このレニエは、クリュ ボジョレーの1つ。
びっくりするほど小さい、たったの3ha(1ha=100m*100m)の畑で、
まさに「人の手」で造られているワインです。
もちろん日本ではマヴィしか扱っていません。

造り手のランポンさんは、畑を耕すにも手押し車や、(経済事情により所有できないため…)お隣から借りた馬を使用。
ワイン醸造器具の動力も、ほぼ人力。
ボジョレーのお祭りでは、「昔ワイン造りに使っていた器具」として、現役の所有物でもってパフォーマンスしたそう(笑)。

そんなランポンさんがつくるレニエは、
彼の人柄をそのまま映したかのように、優しくて、ピュアな味わい。
押し付けがましいところはまったくないけれども、
グラスからは周りを包み込むかのような芳醇な香りが広がります。
飲めば思わずうっとりしてしまうワインです。

印象はあくまで柔らかく優しいのですが、
芯はしっかりしていて、お肉やスモークレバーにも合わせられるのです。
飲むたびに感嘆してしまうほど造りがしっかりしています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mana@mana

Author:mana@mana
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。