スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋

秋は、一番良い季節ですね~

読書の秋
芸術の秋
食欲の秋 私はもっぱらコレかな(*^o^*)



マリンメッセの帰り、須崎公園にある福岡県立美術館へ



大原美術館コレクション展
「名画に恋して」

+160円で「高島野十郎展」も見てきました^^

なんといっても目玉は、モディリアーニ 

---------------------------------------------------------------
1884年~1920年 パリ派
アメデオ・モディリアーニ(Amedeo Modigliani)

イタリア生まれの20世紀初頭に活動した
パリ派の画家・彫刻家アメデオ・モディリアーニ。
彼の作品は、描かれている人の体の曲線と、長い首、
そして尖った目、輪郭が特徴的。

この作品に描かれているのは、妻ジャンヌ・エビュテルヌである。
彼女は、モディリアーニが、肺結核が悪化し35歳で亡くなったとき、
子供を身ごもったまま21歳の若さで後追い自殺をした。
---------------------------------------------------------------


それからタクシーで福岡市美術館へハシゴ 
「仙?展」九州大学文学部所蔵 中山森彦コレクション



他にも約30点の作品を鑑賞しました詳細

愛らしいお茶目な絵ですよね。
墨だけでここまで表現されていて素晴らしいです。

仙?は江戸後期の禅僧。美濃の農家に生まれ
同地の清泰寺で得度。
のち博多の聖福寺の住職となり,大衆教化に努めた。(1750-1837)


つづいて、松永記念堂での展示も鑑賞
茶道に関するお道具がありました。
残念なことに解説文を読んでもよくわかりませんでした(>_<)

朝から盛り沢山でしたが充実した
1日となりました。

お得情報お知らせ 

11月3日は福岡市美術館の開館記念日です。
毎年、この日は常設展示室を無料でご覧いただけます。

ご覧になれる展示
近現代美術室:ダリ、ミロ、シャガール、ウォーホル、黒田清輝、青木繁など、20世紀以降のの美術動向を代表する国内外の作品

日本画工芸室:冨田溪仙展関連企画「もうひとつの溪仙展-素描を中心に-」

企画展示室:「古川吉重の軌跡-米国に挑んだ抽象画家-」

小作品室:「長谷川潔と駒井哲郎」

古美術企画展示室:「仙がい展-九州大学文学部所蔵 中山森彦コレクション」

東光院仏教美術室:薬師如来立像、十二神将立像など重要文化財25点を含む仏像を展示。

松永記念館室:「秋の名品展」


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mana@mana

Author:mana@mana
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。